創業支援|起業支援|公的融資制度を活用してスピーディに資金調達



トップページ 創業融資の基本 融資獲得のために
公的融資制度 料金・事務所紹介 お問い合わせ

スピーディーに資金調達できなかった人の末路

事業開始までのスピードを重視する経営者が成功する

例えば、1か月に100万円の売上が見込める飲食店を開業しようとしていて、開業予定が1月だったとします。
融資審査の遅れで、開業が1か月遅れたとしたらどうでしょう。
1か月分の売上げ100万円の逸失利益が発生することになります。融資の可否判断が遅れ、資金調達が先送りになったために、内装工事の発注ができない・人材確保が進まない・営業許可が出ない等々想定外の事態が次々と起こり、やがて開業時期もさらに遅くなり、手持ち資金がみるみる減っていく。まさに悪夢です。


計画的な創業準備

では、スピーディーに資金調達するにはどうするべきか

創業融資制度は、創業して間もない経営者に融資をしてくれる制度です。 確かに経営者によっては「まだ手持ち資金に余裕がある」ことを理由に銀行へ融資の相談に行かない人もいるでしょう。
ここで考えていただきたいのは、お金がなくなった(≒資金繰りが悪化した)ときに銀行に行くのかということなのです。 金融機関の経営者に対する評価がこの時点でどうなのかということを考えるべきです。


Copyright © 創業支援専門の行政書士/高杉 忍 経営法務事務所