儲かる会社の《はじめの一歩》は

 

  創業融資専門の行政書士 札幌創業支援センター

 
 事前相談のご予約は
011−206−9444
トップページ 会社設立のながれ 創業融資のながれ 事務所案内 料金・報酬 お問い合わせ
 

  新創業融資制度(日本政策金融公庫)

 日本政策金融公庫のメリット

 
民間の金融機関と比べて、日本政策金融公庫の融資には、以下のメリットがあります。

中小企業や個人事業主にも積極的に融資をしてくれます
日本政策金融公庫には「小企業金融の担い手」としての目的があります。
日本政策金融公庫は、小規模事業者の強い味方であるといえます。

創業前後であっても積極的に融資をしてくれます
民間の金融機関は創業前後の事業者に対して(実績を重んじるため)融資することはほとんどございません。
これに対して、日本政策金融公庫は「新規開業資金融資」などがあり、創業前後の事業者をサポートしてくれます。

借入の条件が長期であり、金利も低く、有利な条件です
民間の金融機関に比べて、借入の条件面で非常に有利です。

「無担保」「無保証」で融資を受けることができる場合もございます
日本政策金融公庫の「新創業融資制度」は、無担保・無保証で利用することができます。


 日本政策金融公庫の条件

 
ご融資の条件は、次のとおりとなります。            
ご利用いただける方 次の1〜3のすべての要件に該当する方
1.創業の要件
新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方
2.雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件
次のいずれかに該当する方
(1)雇用の創出を伴う事業を始める方
(2)技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
(3)現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
 (ア)現在の企業に継続して6年以上お勤めの方
 (イ)現在の企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
(4)大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
(5)既に事業を始めている場合は、事業開始時に(1)〜(4)のいずれかに該当した方
3.自己資金の要件
事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金(注1)を確認できる方。ただし、以下の要件に該当する場合は、自己資金要件を満たすものとします。
(1)前2(3)または(4)に該当する方
(2)新商品の開発・生産、新しいサービスの開発・提供等、新規性が認められる方
(ア)技術・ノウハウ等に新規性が見られる方(注2)
(イ)経営革新計画の承認、新連携計画、農商工等連携事業計画又は地域産業資源活用事業計画の認定を受けている方
(ウ)新商品・新役務の事業化に向けた研究・開発、試作販売を実施するため、商品の生産や役務の提供に6ヵ月以上を要し、かつ3事業年度以内に収支の黒字化が見込める方
(3)中小企業の会計に関する指針または基本要領の適用予定の方
(注1)事業に使用される予定のない資金は、本要件における自己資金には含みません。
(注2)一定の要件を満たす必要があります。詳しくは、支店の窓口までお問い合わせください。
※審査の結果、お客さまのご希望に添えないことがあります。
お使いみち 事業開始時または事業開始後に必要となる事業資金
ご融資額 3,000万円(うち運転資金1,500万円)
ご返済期間 設備資金15年以内<うち据置期間2年以内>
運転資金5年以内(特に必要な場合は7年以内)<うち据置期間1年以内>
利 率 こちらをご覧ください。

Copyright © 2014 創業支援専門の行政書士/高杉 忍 経営法務事務所 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座