トップページ 創業融資を獲得する 創業融資のながれ 事務所案内 料金・報酬 お問い合わせ
 

  定款とはなにか

 定款とは会社のルールブック

「定款」とは、会社の目的・組織・活動など、会社のありかたに関するする根本ルールを明記したもので、法律で作成を義務図けられています。
そのため、すべての会社には定款が必ず存在しています。ひな型を丸写しして適当につくったり、専門家に任せっきりにしておけばよいというものではありません。
では、定款にはどのようなことを書けばよいのでしょうか。


 定款の記載事項

《絶対的記載事項》・・・定款に記載せなければならないと定められているもの
・会社の目的
・商号
・本店所在地
・設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
・発起人の氏名または名称および住所
・発行可能株式数

《相対的記載事項》・・・定款に記載しなくても良いが、記載しないとその内容の法的効力が生じない事項
・現物出資
・財産引受
・設立費用
・設立時の取締役や監査役の氏名
・取締役会や会計参与・監査役などを置く旨
・役員の任期の伸長
・役員の責任の減免に関する定め
・株主総会の招集期間の短縮  など

《任意的記載事項》・・・定款に記載するかしないか自由に決めてよい事項
・定時株主総会の召集時期
・取締役・監査役の数
・株主総会の議長
・事業年度に関する規定  など




Copyright © 2014 創業支援専門の行政書士/高杉 忍 経営法務事務所 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座